審査では「属性」という言葉を良く聞くと思います。

「属性」は審査でとても重要視され、「属性」が悪いと審査に通る事はありません。

審査を左右する「属性」について解説します。

・「属性」とは

「属性」とは年齢や勤務先や収入、雇用体系などのことを言います。

カードローンの申込をする時には大体「属性」情報を入力します。

「属性」情報によって審査の可否が決まりますので、「属性」は審査において最も重要になってきます。

借入先の件数や他の事業者での利用状況も「属性」の一部となります。

・「属性」の点数はどの様につける?

「属性」情報は点数化され審査の合否判断となりますが、「属性」の点数はどの様につけるのでしょうか。

単純に年収の多寡で決定されるわけでは有りません。

年収は多い方が有利ですが、雇用の安定性や勤務先の規模など総合的に判断されます。

高収入の自営業者より、年収そこそこの国家公務員の方が「属性」の筋が良くみられ、点数が高くなると言った面も「属性」情報の面白いところです。

一部の属性情報が悪くても、総合で審査をしてくれますので、あきらめずに申し込むことが重要です。

「属性」が良くないと審査にはなかなか通りません。

すぐには「属性」情報は良くなるわけではありませんが、延滞を行わないなど気を付ける事によって悪い方向に向かう事を必ず防ぐようにするところから始めるのが良いでしょう。

「属性」を上手く良くして、審査の通過を目指してください。