カードローン審査を受ける時のナゾのひとつが支払い能力査定です。

支払い能力は一体全体どうやって査定されるのでしょうか。

カードローンの支払い能力査定の真実に迫ります。

・カードローンの支払い能力査定の基本は年収

年収は様々な情報をもたらします。

年収と家族構成さえわかれば、おおよその手取りが判明し毎月支払える予算もわかってきます。

カードローンの支払い能力調査でもっとも使われるのが年収調査なのです。

・カードローンの支払い能力調査、毎月の支払い額

カードローン業者は色々なデータが蓄積していて、他社から何社、何円借りているかで毎月の最低返済額がわかってしまいます。

クレジットカード情報もデータとして利用出来ますので、あなたの支払い能力は毎月後2万円あるなど細かい数字まで抑えることが可能です。

支払い能力調査の結果、貸し出す余力が無いと査定される時に審査落ちとなります。

・簡単に支払い能力向上する方法

支払い能力は実は簡単に行うことが可能です。

それは借入先件数を減らすことです。

キャッシングの借入先件数は複数社より1社の方が最低返済額は減っていきます。

枠に余裕があるところから借りて、残高の少ないところに返済しても言いわけですから、比較的簡単に支払い能力を向上させる事が出来ます。

カードローン審査では支払い能力審査を特によくみています。

審査において支払い能力は何よりも大切です。

支払い能力の向上を行なってから審査に申し込むといいでしょう。