消費者金融でお金を借りたいけど、会社や同居の家族にバレたくない人は多いかと思います。

最近ではカードローンと言って消費者金融も銀行カードローンとあまり変わらないイメージで借り入れができるようになっていますが、それでも借金には変わりなく、未だに消費者金融のキャッシングは借金、と捉えている方も少なくありません。特に年配の方は昔の悪いイメージのままでいるので、CMで有名なアコムであっても、できれば消費者金融でのキャッシングを知られたくはないと思います。

お金を借りて、万が一バレた時のバレない誤魔化し方について解説します。

・在籍確認の電話がない消費者金融に申し込む

職場にお金を借りている事がバレるのは、在籍確認の電話からのケースがほとんどです。

バレないように個人名でかけてくれますが、そもそも電話があった事で怪しまれてしまうものです。

消費者金融の中には在籍確認の電話を健康保険証やその他の証明書をもって代用してくれる所があります。

よりバレないようにするため、在籍確認の電話をしない消費者金融の選択するといいでしょう。

・明細書が届かないよう設定する

消費者金融を利用すると利用明細書が自宅に届き、利用明細書から消費者金融の利用が家族にバレてしまう事があります。

利用明細書はウェブから確認できるように切り替える事が殆どの消費者金融で可能です。

郵送設定になっている人は切り替えるといいでしょう。

・万が一バレた時の言い訳

在籍確認の電話等でバレそうになった時は、クレジットカードを作ったと言い訳しましょう。

最近の消費者金融はクレジットカード機能をつけている所が多いので、言い訳としては充分に通用します。

クレジットカードならみんな作っているものですから、イメージは悪くなりません。

家族や会社にバレないように工夫をしておくようにしてください。

万が一バレた時は、きっちりと言い訳をして乗り切りましょう。