勤務先に固定電話が無いと審査が出来ないって話しをよく聞きます。

借入にAIなど最新の審査技術が使われる昨今、固定電話がないだけで審査が出来なくなることなんてあるのでしょうか。

『勤務先に固定電話が無いと審査が出来ないのか?』の真偽について解説します。

・勤務先に固定電話が無いと不利

貸金業者は勤務先に在籍確認の電話をしたがります。

在籍確認の電話は昔から行われている方法で、最も手間がかからなく正確な確認を行えるからです。

勤務先に固定電話がないと滞納の請求電話が出来ないことは勿論ですが、その前に在籍確認を終了することが出来ません。

・勤務先に固定電話が無くてもいいキャッシング業者を探そう

勤務先に固定電話が無いと審査で不利にはなりますが、全てのキャッシング業者が一律で審査に落とすとは限りません。

勤務先への在籍確認は、電話以外の方法で行う事も可能だからです。

勤務先に固定電話が無い人は、モビットのweb完結など、勤務先への電話を伴わない方法で在籍確認してくれるキャッシング業者を探しましょう。

・健康保険証、給与明細、社員証などを準備

勤務先への電話以外で職場に在籍しているかを確認出来る書類は、健康保険証、給与明細、社員証などです。

これらの書類はあらかじめ用意しておくと、スムーズな審査を受けられます。

勤務先に固定電話が無いと審査は難航しそうです。

別の方法で在籍確認をしてくれる消費者金融を探しましょう。