カードローン・キャッシング審査における勤続年数はどの程度影響してくるのでしょうか。

勤続年数が少ない人は、審査を受ける時不安を感じると思います。

カードローン・キャッシング審査における勤続年数の影響について解説します。

・勤続年数はスコアリングポイントのウェイトが高い

審査に通過するにはスコアリングポイントで合格しなければいけません。

スコアリングポイントは年収、借入先件数、年齢、雇用形態、勤続年数、居住年数等多方面のデータを数値化して合否を決めます。

このスコアリングシステム、重要な項目ほど点数が高くなる様に割り振られているのです。

勤続年数は上位トップ3に入るくらい重要な項目になります。

・勤続年数は何年くらい必要か

勤続年数が何年あれば審査に通ると言うのは不毛な質問です。

スコアリングシステムは勤続年数だけではありません。

勤続年数が1年未満でも、借入先件数がゼロで正社員なら審査に通るでしょうし、勤続年が10年を超えていても借入先件数が5件あると審査に落ちることになります。

1つでなくトータルで点数を取る様にすればいいのです。

・勤続年数以外でも審査で重要な項目は?

勤続年数以外で審査の重要な項目となるのは、年収、借入先件数、雇用形態です。

年収や雇用形態をどうにかする事は難しいですが、借入先件数ならどうにかできるでしょう。

残高の少ないカードを完済して解約するなど、カードの整理をして改善して下さい。

勤続年数の影響はかなり大きいです。

ただし、トータルで点数に達すれば問題ないので、他の項目で挽回する様にしましょう。