カードローンに本審査や仮審査があるって聞いた事があるけど、多くの人は違いがわからないと思います。

本審査と仮審査の違い、更には仮審査で信用情報機関の履歴が残るのかについて解説します。

・本審査は仮審査と違い人の目で確認

本審査はあなたがちゃんと申告したか、怪しいところはないか人の目を使って信用情報機関等を使って確認します。

他社への滞納履歴や金融事故があったりすると、審査に落とされる原因となりなってしまうことも。

何かとんでもないことをしでかしていない限り、仮審査に通ったのに本審査で落ちることはありません。

・仮審査とは本審査と違い、機械で審査

カードローンに申し込む時、自身の情報や借入件数を入力していると思います。

仮審査では入力情報を元に、ポンと審査を機械で出します。

仮審査に通過しない限り、本審査に進むことはありません。仮審査は審査の内で最も重要な審査と言えるでしょう。

・信用情報機関に履歴が残るのは仮審査ではなく本審査

信用情報機関はアクセスした会社の履歴が一定期間残るように設計されています。

本審査で信用情報機関のチェックを行いますので、仮審査の段階では履歴に残ることはありません。

申し込みブラックという現象も、仮審査の段階では仕組み状起こりえないことになります。

仮審査で落ちたとわかるのであれば、すぐに次に申し込んでも申し込みブラックにはならないでしょう。

本審査と仮審査の違いは、仮審査の内容を本審査でキチンと情報を見て確認するといった違いでした。

仮審査は通ったのに、本審査で落ちるのは異常事態です。

もし本審査で落ちたのであれば、原因を突き止めた方がいいでしょう。